shopping


ホーム ≫ ショッピング トップ ≫ こべべ一覧 ≫ 掛こべべ「白牡丹菊 本紫」

掛こべべ「白牡丹菊 本紫」

 

 

 昭和初め、十三参りに着られていた着物です。本紫の地色に白牡丹菊が引き立つシックで少し大人びた華やかさを感じます。長襦袢だったものを比翼と八掛に使い、水色に赤の雲取りの絞りが、まだあどけない子供の可愛らしさを秘めたこべべです。 こべべとは ⇒

 

 掛こべべは、比翼仕立て(※)の袷で裾の袘(ふき)は綿入れになっており重厚感があります。お針屋和ねりオリジナルの衣桁付き。

 

 

※ 比翼仕立て= 着物の裾・袖口・振り・衿などに中着の布を重ねて縫い付け、二枚重ねを着ているように見せる仕立て方です。留袖などに多く用いられます。

※ 衣桁は定期的に改良されているため、画像のものとは違うものが届く場合もありますのでご了承ください。

 

 

 

 布素材:すべて正絹

 大きさ:高さ約 40cm

 

 

¥49,000

  • 売切れ