ホーム ≫ こべべ作家・和裁士 紹介「田中利江/赤木美根子/森下和子」

 

 

こべべ作家・和裁士/ 田中 利江

tanaka    toshie 

岡山県赤磐市 在住 

 

 和裁の道へと進み40年以上。岡山県の和裁学校にて和裁士としての仕事のほかに若い世代への和裁の指導を行いながら、平成21年からこべべの製作を始めました。ふたりの和裁士仲間の力を借りながら、2015年8月に本格的にお針屋和ねりを開業いたしました。

 

 こべべ作りを始めて8年が経ち、今 製作初期のこべべを振り返って見ると、当初のこべべはボディーの膨らみもなく貧素な着付け方をしていました。しかし、そこからがこべべ作りの始まりでもあり、常に「どうすれば綺麗な姿になるか?」を追求し、ボディそもそもの形を変えてみたり、縫う寸法を変えてみたり、人に着付ける着物ではないのでただただサイズを縮小すればいいというものでもなく、このサイズ(60cm)に着付けた時に美しく見える寸法を割り出したりという、試行錯誤を重ねて製作してきたからこそ現在の美しいこべべスタイルに辿り着いたのです。

 何もない(見本もない)ところから新たなものを作り上げるのは、本当に時間と労力が必要なんだなと痛感しました。でもそれと同時に製作を重ねるごとに美しい姿へと近づいて行く楽しさも感じながら製作を続けております。

 これからも「美しい姿」「美しいこべべ」を追求し、試行錯誤していきたいと思っております。

 

 こべべはまだまだ世の中に駆け出したばかりの新しいものですが、こべべを通じて日本伝統文化を守り、多くの方に着物の良さを伝えていきたいです。

 

 


プロフィール

 

1954年 岡山県真庭郡勝山にて出生

1973年 岡山県立勝山高等学校卒業

     卒業後 赤磐市(旧 赤磐郡山陽町)へ

     (株) 田中和裁 岡山和裁短期大学校 にて 和裁の勉強

1978年 和裁指導員資格取得

     (株) 田中和裁 岡山和裁短期大学校 にて 和裁士として

     勤めながら指導員も行う

1979年 一級和裁士資格取得

2009年 和裁学校に勤めながら「こべべ」製作活動開始

2010年 二人の和裁士仲間も加わり共に製作

2015年 和裁学校を定年を機に退職

   8月  お針屋和ねり開業 (個展を開きながら赤磐市で活動中)

 

 

 

 

 



和裁士/ 赤木 美根子

akagi    mineko 

大阪府大阪市 在住 

プロフィール

 

1985年 和裁指導員資格取得

     (株) 田中和裁 岡山和裁短期大学校 にて 和裁士と

    して勤めながら指導員も行う

1988年 一級和裁士資格取得

2010年 田中利江と共にこべべ製作開始

 

 

 

 



和裁士/ 森下 和子

morisita   kazuko  

岡山県新見市 在住 

プロフィール

 

1986年 和裁指導員資格取得

     (株) 田中和裁 岡山和裁短期大学校 にて 和裁士と

    して勤めながら指導員も行う

1989年 一級和裁士資格取得

2010年 田中利江と共にこべべ製作開始